駒形根神社

神社名駒形根神社(コマガタネジンジャ)
旧社格無格社
鎮座地岩手県一関市厳美町字駒形8番地
祭神日本武尊(ヤマトタケルのミコト)
例祭日旧9月17日
宮司茂庭義満氏
連絡先岩手県一関市厳美町字天王118番地2
茂庭義満氏
電話 0191−39−2190
由緒
不詳
見取り図 交通
 菜の花バス「本寺発電所前」停留所から徒歩3分

 岩手県交通「本寺発電所前」停留所から徒歩5分
境内のたたずまい

写真1
参道の写真  鳥居をくぐり石段を上ると正面に拝殿が見える。
 参道中腹の向かって右には鐘楼がある
 鐘楼始め、地震で被害を受けたが従前同様に復旧された

 平成20年6月14日発生岩手宮城内陸地震被害前の写真はこちら
写真2
鐘楼の写真  鐘楼からは眺望が効き、地区内が見渡せる
写真3
拝殿と神楽殿の写真  参道を登り切った正面に拝殿がある
 向かって左手は神楽殿
 その間には石祠群があり、その背後の馬酔木の植え込みは見事なもの
写真4
拝殿正面の写真  拝殿正面を下から見る。

 芳名板の上の額は何なのか、判然としない
 左右には絵馬等が掲げられている
写真5
拝殿と本殿の写真  右が拝殿で、左は本殿
 幣殿はなく、石の間となっている
 拝殿の鬼板に鯱が載せられているのが珍しい
写真6
神馬の写真  この地区には石の神馬が奉納されていることが多く、ここにもある
 この馬は黒く彩色されている
 馬には鞍が乗せられ、手前にはかいば桶がある


平成21年3月16日現在で更新

戻る