愛宕神社

神社名愛宕神社(アタゴジンシャ)
通称お愛宕様
旧社格無格社
鎮座地岩手県一関市花泉町金沢字上寺袋44番地
祭神軻遇突智神
例祭日旧6月23、24日
宮司
連絡先〒029−3102
岩手県一関市花泉町金沢字大柳51番地
金澤直氏
電話 0191−82−3483
由緒
 後鳥羽帝御代、藤原の家臣金沢伊豆(千葉伊豆)朝日舘にあり、領主の守護神として軻遇突智神を勧請せりと伝えられる。後に藤原氏滅亡し所領没収され、葛西家の家臣千葉清胤の所領となり、地方民の崇敬篤く講中を結成、享保3年(AD1718)9月24日、境内に供養碑を建立(現存)、更に寛延3年(AD1750)8月18日、愛宕尊像奉納さる(住物記現存)。

 宝暦12年(AD1762)2月6日の初午には町内吟味の上、町内神輿渡御の記録もあり、また朝日舘は登拝の老幼には峻険困難のため、文化9年(AD1812)現在地に遷座した。
交通
 岩手県交通「飯倉」停留所から徒歩約10分。

 車ではあたご公園まで進める。愛宕公園駐車場から拝殿まではすぐ

 グーグル地図
境内のたたずまい

写真1
表参道の写真  公園の中腹から表参道を望む
 鳥居は平成19年11月建立された
 参道階段の先に拝殿の屋根が見える
写真2
拝殿の写真  参道を登り切った所の正面は拝殿
 社前の緑の草の中には鮮やかな色のアザミが多数揺れている
 拝殿に向かって右後ろに裏参道がある。車で参詣するときはこちら側が便利
BR>  ※この写真は拝殿屋根葺き替え前のもの
写真3
拝殿前の写真  拝殿向かって右に「愛宕神社」の看板あり
写真4
本殿等の写真  裏参道側から登り、後ろから社殿を見る
 左から拝殿、幣殿、本殿と続く
 幣殿には「愛宕公園讃歌」の看板が掲げられている
 拝殿の屋根は平成22年1月に銅板に葺き替えられました
写真5
地区内眺望の写真  本殿の鎮座する高台の一角からは地区内が鳥瞰できる
 境内及び隣接地には、東屋、広場、ゲートボール場等が整備され、産土様を中心にして地区民に親しまれている

平成27年11月16日最終更新

戻る